Gera(Kyoko Maruoka)/Tokyo JAPAN クロスステッチ図案のデザインをしたり絵を描いたりしています。 WEB→http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/  図案の商用利用、画像の無断転載を固く禁じます。


by geratkb

プロフィールを見る
画像一覧

いそしむ

あれこれ手こずってしまっていて、BASEの在庫補充できなくてスミマセン!!!
今しばらくお待ちください、本当に本当に申し訳ありません。

もともと愛想ないことこの上ないのですが、さらに個展前のアワアワ状態で更新もしないは、多方面に不義理するはで、これまたスミマセン。いろいろ頂いたもののお礼もできてなくって恥ずかしいばかり。個展終わりましたら、落ち着いてお返事等致しますのでご容赦いただければ。

亡くなった金田一春彦さんが好きで、生前ニュース845のコーナーにお出になられてお話なさるのを見るのが楽しみでした。そのとき確か「いちばん好きな言葉は何ですか?」という質問に「いそしむ」という言葉です、とお答えになったことがありました(最終回だったかな)。
いそしむ、というのは働くことそれ自体に喜びを見出している状態で、喜びを伴った労働だから、というようなお話だったかと記憶しています。

それ以来、「いそしむ」って本当に素敵な言葉だなと思うようになり、また「いそしむ」ことそれ自体がとても素敵なことなのだなと思うようになりました。
手仕事というのはまさに「いそしむ」ものだと思います。今は趣味としてなさる方がほとんどかもしれないですが、もともとは労働であったということに手仕事がもたらす不思議な幸福感の由来があるのかもしれません。

どなたかがクロスステッチをいそしむ時間を一日の終わりに少しでも持てて、ちょっとホッと一息つけたらそれは素敵なことだな。そのための図案を作るのが自分のミッションなのかもとバカみたいに信じていたGera!始めた最初の頃を思い出したあれから6年の一日でした。

私の持ち場は私の個展なので、全力で準備がんばります。

a0164948_14230251.jpg
No.3のマトリョーシカの図案がイギリスの雑誌2誌で取り上げられるらしい。ミンナヨカッタネ!そして私はこれを越えるものをいつか作れ!




# by geratkb | 2017-03-12 13:42

ピクルス展ありがとうございました

【お知らせ*BASEにて販売中の図案につきまして】
いつもご注文ありがとうございます。またお問い合わせもありがとうございます。
現在図案があれこれ売り切れになってしまっているのですが、今個展の準備等で印刷・梱包まで手が回らず、在庫補充できてなくて本当に申し訳ありません。
お待たせしてしまって心苦しく思っているのですが、もうちょっと落ち着いたら(せめてDM作品仕上げて発注しないと!)作業にとりかかりますので、今しばらくお待ち下さい。
creative poppyさんではファイルダウンロードが可能な図案もございますので、よろしければそちらもご利用ください。

********************************

a0164948_09090438.jpg

参加させていただいた「みんな大好きかえるのピクルス展」東京編は終了いたしました。
おたまじゃくしのベイビーちゃんは日光浴中です。


a0164948_09274668.jpg

とにかくファンのお客様のピクルス愛がすごい。
昨日も20年かわいがっているんですよと、ファンの方がちょっとくたっとなったピクルスくんのぬいぐるみをお持ちになってメーカーさんにお見せになっている場面に遭遇したのですが、そのピクルスくんがとってもいい顔してて、長い年月かわいがってもらったんだなぁと。まさに「ものの親はそのものをたいせつにしてくれるひと」(『どろぼうのどろぼん』)で、いいおうちの子になれてよかったね!と心の中で頭をなでました。

そんな素敵な展示に、声をかけて頂いて参加できとても光栄。

個人的にもピクルスくんと旅行に行ったし! 先日息子からもらった手描きのマグにもピクルスくんが登場していました。(裏側には愛のかけらも感じられない私の似顔絵が描かれてたけど)

a0164948_15023713.jpg




















ピクルス展はこの後大阪巡回です。よろしければぜひ!

◆みんな大好きかえるのピクルス展◆
3月21日(火)-3月29日(水)
大阪:The 14th. MOON

詳細はこちら→



a0164948_15032990.jpg

今日はひなまつり。





# by geratkb | 2017-03-03 15:04

新旧相棒

爆刺ししてたもの終了!思ってもみないお題、ピクルスくんとある意味真逆。資料調べたり、本読んだりするのが好きなので、ついつい寄り道しつつなんとか完成!あぁ楽しかった。手首も問題なしで快調です。

さてさて、実家は下町の縫製工場なのですが、だいぶ前に廃業。で、工場を畳むときに両親に頼んで、本縫いとロックミシン1台ずつとボイラーアイロンだけは捨てずにおいてもらいました。



a0164948_18145003.jpg

PFAFF563。思い出のミシン。
私が生まれた頃は羽振りがよく、従業員の方たくさんと一族郎党で縫製業を営んでいたようですが、高度経済成長の終わりとともに我が家もあっさり斜陽。その後紆余曲折あって、私が小学生の終わりに父母二人だけで某婦人服ブランドのニット製品の下請けを始めました。
そこからが大変で、24時間休日なしで働き始めた両親を見ていたら手伝わないわけにはいかず、私も家事の他にミシンでネームつけたり、カン留めしたり、簡単な作業の手伝いを毎日するようになりました。

なので、中学は部活にも入らず。父母のしんどそうな毎日と、えんえん続く単調作業がいやで、私は会社員になる!と心に誓い、奨学金もらって大学入って、会社にも入ってOLになりました。が、その後また紆余曲折あって、気付いたら私もこんなことしているわけで。あはは。結局「血に負けた」というような日々です。

そんな家で育ったのでミシンと言えば工業用ミシンしか使ったことがなく、押さえはひざで上げて、糸切りはかかとでというのが私の普通。手伝いの他に、見よう見まねで自分のカバンや簡単な服を縫ったりもしました。結婚してから自宅用にシュプール98買ったのだけれど、どうにも物足りなくサンプル縫うときとかは実家の工場を使わせてもらっていました。その相棒のミシンも、ついに昨年プシュっという鈍い音とともにまったく動かなくなり天寿を全う。部品等もとうの昔に入手困難、修理も無理ということで、新しい工業用ミシンを買うことにしました。



a0164948_18141598.jpg

私はそんなにミシンを使うわけではないので、工業用でなくてもいいかと思ったりもしたのですが、実家に工業用ミシンがないというのは寂しい気がしたのでやはり、と思い、父の勧めるままに買いました。
で、今日新しいミシンがやって来て、父母二人でほぉ、とか言って試し縫いしてるのを見て、まぁ買ってよかったなと。
父も旧知のミシン屋さんに久しぶりに会って、「誰がミシン踏むんだい?」と聞かれ、「それが娘がさぁ」と答えている声がまんざらでもなさそうだったので、こんなことやってる毎日もまぁ捨てたもんじゃないかな、と思った次第です。

でも古いミシンPFAFF563も本当はさよならしたくなかったんだけど。階段上りながら音を聞いただけで、父が縫ってるのか母が縫ってるのかすぐわかったんだよなぁとか、とんでもない失敗して納品ギリギリでみんなで徹夜したなとか思い出すこともいろいろ。

同じものをたくさん作るのがトラウマで普段は販売用に雑貨は作らないのですが、個展では雑貨販売を楽しみにして下さってる方も毎回いらっしゃるので、新しい相棒で何か作りますね!


# by geratkb | 2017-03-01 17:57

アミイゴイラストレーションクラブ

完全にアワアワ状態となっておりまして、あちこち手も気も回らず申し訳ありません!個展とは関係のないお仕事の依頼いただいて、もうぜひぜひやらせて下さい!ということで、爆刺し中(字だけ見たらこわっ)です。楽しい!新しいことは楽しいです。


a0164948_18000357.jpg
発売中の「&プレミアム 2017-4月号」に、今私がお世話になっているアミイゴイラストレーションクラブの記事が掲載されています(私は気配のみ)。

毎回ちがったテーマが出されて、それをみんなで描いてみて、そしてお互いの作品を鑑賞する、という2時間。何かを表現するにはまず自分を知ることから始めないといけないですが、それは他者との比較、他者とのやり取りでしか認知できないだろうと思っているので、私にとっては貴重な時間です。また同じ題材描いても、思ってもみない構図や形、それから想像したこともない発想をメンバーが見せてくれるのが本当に勉強になります。それと子育て+家で仕事してるだけだと、なかなか異なる世代と関わる機会もないのでそれも貴重。

もともと子どもが中学入ったらセツに復帰したいなと思っていたのですが、先生もおやめになってしまい(学校もとうとうこの春閉校)、どこで勉強しよう?と路頭に迷っていたときに、槐多に打ち合わせに行ったらちょうどたまたまアミイゴさんが展示をなさっていて、そのお花の絵が本当に心に響くものだったのと、信頼する後輩が通っていたのと、それから中国のことわざ「弟子の準備ができたとき、師は自然と現れる」ということかと勝手に解釈し通うことにしました。それから1年、毛色のちがう野良猫がどこかの家に上がり込むみたいで恐縮しつつ、勉強させてもらっています。

アミイゴさんがみんなの様子見て毎回考えてきてくれるテーマは様々で、個人的にとても楽しかったのは和音X楽器の音色のちがいを色と形で表現してみた回。(↓私のは頭で考えちゃってて面白くないけれど、みんなのは本当に素敵でした!)
a0164948_17594585.jpg


前回は日本の風景とファッションモデルの別々の写真を組み合わせて、ストーリーを作って、それを別の人とチェンジして絵にしてみる、というお題。
a0164948_18003714.jpg

毎回2時間読み切り、みたいな感じなのでその場で完成度の高い作品を仕上げるということではなく、みんなで実験して気付いたことや課題を、各々がそれぞれ普段の制作の場で取り入れたり続きをやってみる、というスタイルです。息子が学校でアクティブラーニングの授業を受けているのですが、それに近いかなと思います。

月2回、池袋コミュニティカレッジにて。受講生は30代女性が多いですが、私のようなのもいるし(!)。クラス終了後たまに飲みに行って、若者の話を聞くのも楽しいです。

主宰の小池アミイゴさんの記事は、現在発売中の「暮しの手帖 86」(2017 2-3月号)にも掲載中です。東日本大震災後のたゆまぬフィールドワークから生まれた素晴らしい絵と取材記事なので、そちらもぜひ!

それにしても最近起きてる時間はすべてステッチしてる状態で(←ちょっと盛ってますネ)、家でなかなか描けないのでどんどん足手まといになっている気が、、、絵の具も使いこなせるようになりたいのですが、、、などとほざいていないで時間は見つけないとダメですね。




# by geratkb | 2017-02-26 06:56

みんな大好きかえるのピクルス展


a0164948_19142372.jpg
見てきました!吉祥寺パルコブックセンターの一角に出版された絵本やグッズ、そして30人の作家のトリビュート作品がかわいくディスプレーされていました。ファンがいっぱいのピクルスくんのイベントは、現在東京駅でも開催中。初日は開店前から長蛇の列だったそうです。


a0164948_19145246.jpg
とってもかわいい絵本、平岡淳子さん文、吉井みいさん絵の『かえるのピクルス 虹をわたる』も絶賛発売中ですのでぜひぜひ!そしていろんな作家の方のピクルスくん作品、それぞれテイストはちがってもどれもこれもキュートでした!キャラクターものをどう描けばいいのか、勉強になります。


私はもちろんクロスステッチで。どの目数で描くか悩んで、クロスステッチらしいのがいいかなとミニマム目数のピクルスくんにしてみました。おともだちのキャラクターかたつむりくんがお気に入り。おたまじゃくしのベイビーちゃんも登場させたので、探してみて下さいね。一緒にバンコク旅行して仲良くなったピクルスくん。その後おうちに帰って楽しかった旅の思い出話をしているイメージです。(↓一部抜粋)

a0164948_19151743.jpg

作家の皆さんの交流会にも参加してきました。私は初対面のイラストレーターの方がほとんどだったのですが、愉快に(飲んで)おしゃべりしてきました。お聞きする話にへー、わーと思うことばかり。当たり前だけどいろんな方がいらっしゃって、それぞれのストーリーがあってこうして描いてらっしゃるんだなと楽しいひとときでした。

今月はその他にも不思議とお座敷続き。人と会うのも大事だなと思うのでなるべく出かけるようにしていますが(単なる宴会好き)、今は個展のことを考えると気が気でもなく。家では禁酒!メリハリつけてガンバろう。


◆みんな大好きかえるのピクルス展◆
2月17日(金)-3月2日(木)
10時ー21時(最終日19時まで)
東京:吉祥寺パルコブックセンター(パルコB2F)

3月21日(火)-3月29日(水)
大阪:The 14th. MOON

詳細はこちら→


# by geratkb | 2017-02-18 20:58

ペーターズ受賞者展ありがとうございました


a0164948_14121921.jpg

おかげさまでペーターズギャラリーコンペ受賞者展2016終わりました。
画像はJさんから(アリガトウ)。夜行くことが多くて、この道わくわくしながら(!)通った2週間。楽しくて得るものが多かったです。

とにかくワンデースクールX4回を受講させて頂いたのが何より勉強になりました。ファイル講評自体がほぼ初めてという体たらくな状況を反省。どの審査員の方も熱意あふれる態度で親身になってファイル見て下さって感激。自分の作品に頂いたコメントや、他の方へのコメントを必死で書き留めたメモは、これから悩んだときに繰り返し読もうと思います。

そして4人の審査員の方々の私へのアドバイスの共通項は「クロスステッチという技法に徹して、もっと狂ってこのまま進め!」ということだったので、安心してアクセル踏み込んでいく所存です。もっと狂っていいってyo!

あと作品にかわいさというものは必要です、悩むこと何もないですよ、ときっぱり言って頂いたのも心強かったです。

ギャラリーのスタッフの方々とのおしゃべりも楽しかった~。実家のような居心地のよさでした。懇親会(=飲み会)も楽しかったです!
他の受賞者の方も皆さんまっすぐで一生懸命で、作風はいろいろだけれど、それぞれ自分の世界を構築し、表現し、そして誰かに伝えようという心意気がきらきらして見えました。手芸にはないこういう喜びを、手芸界の人にも伝えられたらいいなと思ったりもするけれど、私にはまだ私自身の修業が足らないのでいつか。

2年前のMAYAさんの受賞者展が終わった後はただただ凹んだだけだったのですが、今回は私にしかできないことできつつあるかもといううーーーーーーっすらとした自信もちょっとだけ感じられて、それはこの2年間、一人で、それから出会ったお友達と一緒に、うんうん悩んだりすったもんだしてきた時間があったからだろうなぁと思います。

勉強させてもらったことは図案にしてどなたかに届けるべく、今度は個展の準備がんばります。
貴重な機会を本当にありがとうございました。


a0164948_14293080.jpg

そして明日から吉祥寺パルコブックセンターで「みんな大好きかえるのピクルス展」が始まります。私はピクルスファンに向けて作ったつもりですが、どうなんだろう、ちょっと心配。明日18時頃見に行こうかと思っていますので、もし見かけたら声かけて下さいね!





# by geratkb | 2017-02-16 14:04

カテゴリ

全体
cross stitch
よくあるご質問
カードケースの作り方
ミニこけし・コツ
チャートリスト
painting
welcome
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧