Gera(Kyoko Maruoka)/Tokyo JAPAN クロスステッチ図案のデザインをしたり絵を描いたりしています。 WEB→http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/  図案の商用利用、画像の無断転載を固く禁じます。


by geratkb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2017年 05月 17日 ( 1 )

Kyoko Maruoka CrossStitch EXHIBITION 2017 Gera! 4

a0164948_01530256.jpg
ロシアシリーズ。ステッチするのはちょっと色替えが大変なので、このシリーズは初心者の方にはおすすめできないのですが、そのかわり糸の粒粒の色はとてもきれいですし、お部屋に飾ったらインパクトあると思うのでガッツがあればぜひチャレンジしてみてほしいです。



a0164948_01533894.jpg
チェーホフの『中二階のある家』はメランコリックな失恋の話。おうちにお花の定番モチーフなので、新築のお祝にステッチして下さった方もいらっしゃるようです。



a0164948_01541219.jpg
トルストイの『アンナ・カレーニナ』は全部読んだという方にまだお目にかかったことがありません。読まれた方がどう思うか、聞いてみたいなぁとずっと思っているのですが。ロシアにも行ってみたいなぁ。


a0164948_02040465.jpg
「祖国は我らのために」ご出演の方がチラシを持ってきて下さってとってもうれしかったです。18日から公演始まるそうです。がんばってください!






a0164948_01545338.jpg
このバスケットの図案は初心者の方向け。お仕立てものにもアレンジしやすいかと思います。



a0164948_01554941.jpg
おじさん in ボトルシップバッグ。昨年の参議院選の頃、街中にあふれるおじさん画像に触発されて作りました。キャンバスに貼っていたものをバッグに仕立て直したら、おじさんにちょっと表情が出てきました。(special thanks! Sachi Miyasaka)



a0164948_01562183.jpg
チェーホフ『子犬を連れた奥さん』バッグ。こちらも額装していたものをバッグに。チロリアン等いっぱい使ってロシアっぽく。奥さんはヤルタ(港町)の海岸通りをうろうろしているので、ぐるぐる回るクロスステッチとしては定番のサークル状の図案にしました。




a0164948_01571558.jpg
販売していたチャートのモデル写真。途中sold outになってしまったものもあり、本当に申し訳ありませんでした。お客様が何やらメモを片手に選んで下さってる方が多く、なんだろう?と思っていたのですが、既に購入済みのチャートの番号を控えてくださっていたのでした。うぅ、本当にありがとうございます。普段WEB SHOPでしか販売していないので、いろいろ悩んで選んでくださってる様子とか拝見して、あぁこうやって買って下さってるのだなぁと実感できました。
図案サイズの大小にかかわらず一律の値段で販売しているのは、crazy!と言われたこともあるのですが(外国の方に)、私としてはお一人お一人にその作品をシェアしてもらっているその金額、と思っています。創作活動を支えて下さって本当に感謝しています、ありがとうございます!

しかし、やってみてわかった「60種類はもう無理」。一度はやってみないとわからなかったのでチャレンジしてよかったです。次回展示するときがあれば、どうするか考えないといけません、どうしよう。




a0164948_01574372.jpg

そしてチャートの準備にてこずっていたらあんまり雑貨作れなくって反省。もっとステッチ小物作らないといけなかったです(汗)。レースのバッグはちょうどチャートが入る大きさで、プリンセス図案入れて販売しました。



a0164948_01580002.jpg


a0164948_01583189.jpg





a0164948_02045949.jpg







a0164948_01592153.jpg

詩とファンタジー掲載のこの作品も初めて展示。額装したらまたちがって見えました。感想言って下さる方が多かった作品です。


a0164948_01595499.jpg

隣は消えていく人魚姫。



a0164948_02002537.jpg

マトリョーシカの顔ハメ看板もたくさんの方にはめて頂けて、で、笑って下さっているのを見て私も楽しかったです!あと顔ハメ看板ニストの塩谷さんが「この穴の大きさがちょうどいい」とおっしゃっていて、わかる人にわかってもらえるものだなとわが意を得たりな感じでした、ふふふ。

と、すっかり遅くなりましたがレポートこれにて終了。読んでくださってありがとうございました。そして会場にて感想をお聞かせ下さった方々、本当に勉強になりました、ありがとうございました。見にきて下さったイラストレーターの方が「全体としてお母さんのやさしさとか温かさ、子ども時代の懐かしさを感じる」と言って下さって、自分の作品についてそういう風にはとらえていなかったのですが、あぁでもそういうことなのかもなぁとちょっとヒントもらった気分です。

とりあえず10年の総括ができたので、これまでの作品とは心の中でお別れしました(あ、図案の販売はもちろん続けます)。
あきっぽく堪え性もない私がこの10年制作を続けれてこられましたのも、見に来てくださったり、声かけて下さったり、図案買って下さったり、いろいろな方の応援があればこそ。心よりお礼申し上げます。クロスステッチは、生存や世界の進歩とはまったく関わりがなく、あってもなくてもいいようなものです。しかし、針を持って手を動かす時間は、ささやかな励ましや慰めとして必要な方もいらっしゃるはず。私の図案をステッチして下さってる方と見えない細い糸がつながっていられるよう、これからもぼちぼちと続けていけたらいいなと思っています。

で、次もしも展示することがあれば、このブログ読み返すであろう私に。「ぐだぐだ言ってないで、とりあえず手を動かしなさいね!!!」


by geratkb | 2017-05-17 02:00 | cross stitch

カテゴリ

全体
cross stitch
よくあるご質問
カードケースの作り方
ミニこけし・コツ
チャートリスト
painting
welcome
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧