Gera(Kyoko Maruoka)/Tokyo JAPAN クロスステッチ図案のデザインをしたり絵を描いたりしています。 WEB→http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/  図案の商用利用、画像の無断転載を固く禁じます。


by geratkb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近見た展示から

絵の展示見た感想書くのをすっかりサボっていました。見るのはサボってなかったんだけど、見たいのいっぱい過ぎて会期ギリギリなものから見るから、ここでご紹介しても終わっちゃってる場合がほとんどで。でも、日曜まで開催でぜひ見て欲しい↓なものがあります!

a0164948_914785.jpg
ミンナカワイイネ

やまぐちめぐみ作品展「めぐみめぐる」(タンバリンギャラリー) ←15日まで
先日亡くなられたやまぐちめぐみさん。面識はなかったのだけれど(カルマで何度かお見かけしたくらい)、セツの先輩として、かわいくて切ない女の子を描かれる方としてあちこちでお名前と絵は拝見していました。お別れ会の代わりの作品展だそうです。澄んだ瞳の女の子、小鳥、お花。かわいい、って覚悟がいることでもある。それを、きちんと引き受けてらしたのがよくわかります。とても温かくて素敵な展示なので、ぜひぜひ!めぐみさんが描き続けていた作品のパッチワークの続きは、見た人によってつなげられていくと思う。

◆「鈴木信太郎展」(そごう美術館)←15日まで
2007年の展示のとき見逃しちゃってキーってなってたのを思い出す。ようやく見れました!!! 本当に素敵。のびやかで暖かくて気持ちのよい風にあたってる気分になります。今回実物見てわかったのは、よくよく構成とか練られてるんだなってこと。でもうまく描こうとかたくらみとかが画面から全く感じられないのは、多分「善き人」が描いてるからなんだと思う。それと車椅子生活だったそうで、視点の位置が低いのが「親しみ」につながっているのかも。風景もお庭も静物も距離感が等価値で、対象をちゃんと掌中におさめてから絵にしてて、私もそうありたいと思いました。風景画描きたい。

◆「夢つむぐ人 藤平伸の世界」(智美術館)
陶器見て心がギュっとなるかわいさを感じたのは初めて。「太郎の雪」(写真真ん中)、もちろんガラスケースに収まってるんだけど、手でかかえたい衝動にかられました。造形のかわいさと陶器特有の質感の組み合わせの妙。自由で素朴な梁塵秘抄の世界が広がりつつ、どこか異国の趣もあります。陶器の他水彩やガラス絵がまた素敵で、しばしぼーっとしてました。初めて行った智美術館も素敵でした。ただ虎の門から歩いて行ったらおっそろしい坂道だったので、お気を付けて。

その他トムズボックスと横須賀美術館で見た長新太展もおすすめしたかった。『びっくり水族館』の原画は本当にびっくりだった。永井画廊で見たティンガティンガと搭本シスコにも魂奪われて、口がポカーンと開いてしまいました。素朴派上等。郵政博物館のフランス絵本の展示で、思いがけずナンシー・レテの原画があって喜ぶ。エスパス ルイ・ヴィトン東京で見たヤン・ファーブルのタマムシ作品群も唖然。角度によって多彩に変化するこの世のものとは思えない翅の色の輝きも美しかったけれど、それより何より「こんだけの数のタマムシの使わなかった体部分の山」の画を想像したら絶句。青森県立美術館で見た「化け物展」もおもしろかった!!!土橋とし子さんの原画群、ちょっと不気味でちょっとキュートでちょっとユーモラスなその配分が素晴らしかったです。出版して欲しい!!!

やっぱりこうやって文字にすると見た記憶がより鮮明に自分に刷り込まれますね。ちゃんと書きます。
a0164948_15215698.jpg

by geratkb | 2015-11-13 10:51

カテゴリ

全体
cross stitch
よくあるご質問
カードケースの作り方
ミニこけし・コツ
チャートリスト
painting
welcome
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧