Gera(Kyoko Maruoka)/Tokyo JAPAN クロスステッチ図案のデザインをしたり絵を描いたりしています。 WEB→http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/  図案の商用利用、画像の無断転載を固く禁じます。


by geratkb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今年の手帳

a0164948_1424194.jpg
nitte.さんで買った布を毎年貼ってる手帳。今年はブルーチェックXオレンジの花の布にしました。ボタンは馬喰町CO-さんで買ったもの。先日友人とあの界隈をブラブラしてきました。かわいい雑貨屋さんやカフェなど増えてきて変貌中ですね。友人たちは編み物ブーム到来!あれこれ編み物の話聞いたり、編んだもの見せてもらったりするのも楽しかったです。

最近見た展示は
「ベン・シャーン展 線の魔術師」(埼玉県立近代美術館)
中ザワヒデキ展 脳で視るアート」(武蔵野市立吉祥寺美術館)
ベン・シャーン展は終了しちゃったのですが(時間がないもので会期終了ギリギリで見に行くことが多くスミマセン)、あれだけの数まとめて見たのは初めてで圧倒される。「一本の線を引けば、今までどれだけの線を引いてきたかが確実に表れる」と絵の学校で先生に言われたのを思い出した。線を引く行為には画面を切り裂く緊張感が伴う。そのキリキリした感じと丸みを帯びた人物のフォルムの組み合わせの妙。学校でベン・シャーン見た後にみんな影響されて絵を描いてたのを今頃納得。日本のイラストレーターの人たちも相当影響されてるはず。
現代アートは時代の最先端をいってる人たちがやってるのだから、凡人に理解できないのは当たり前と思えるようになってから、気楽に見に行けるようになりました。理解しようとはしないで、もう「好きか嫌いか」だけで見ます。というか見ざるを得ないのですが、中ザワヒデキさんの作品は割りと理解しやすかった、脳波で描くドローイング、可笑しくっていいなぁ。深刻な面持ちのピリピリした現代アートもいいけど、明るく笑える現代アートっていうのもいい。
映画はフランケン・ウィニー見ました。登場する不気味なキャラクターいっぱい、白猫たまらない。ぬいぐるみ欲しい。
by geratkb | 2013-01-15 14:51

カテゴリ

全体
cross stitch
よくあるご質問
カードケースの作り方
ミニこけし・コツ
チャートリスト
painting
welcome
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧