Gera(Kyoko Maruoka)/Tokyo JAPAN クロスステッチ図案のデザインをしたり絵を描いたりしています。 WEB→http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/  図案の商用利用、画像の無断転載を固く禁じます。


by geratkb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

5月後半と6月

個展終わると凹むのと太るのは毎回のことなのですが、今回はひどかった!とにかくなんだかやる気モードにならず。少しステッチしたり、家でクロッキーしてみたりはしていたのですが、ガシガシとは手が動いてませんでした。淡々とコツコツやる、というのが苦手で、やるかやらないか差が激しいのをなんとかしたいと思ったのは若かった頃で、最近はもうあきらめています。努力する余地があるとするならば、なるべく「やる」期間を長くする、ということぐらいでしょうか。

手は動いていなかったのですが足を動かしていてうろうろしたり、本を読んで頭の中ぐるぐる回したり、映画見て気持ちがゆらゆらしたりとインプットはしていました。あとライブも行ったんだった!自分の備忘録代わりに美術館ネタ書いておきます。なので、終わっちゃってるものも多くてスミマセン。


a0164948_01161471.jpg
エリック・カール展(世田谷美術館)←7月2日まで
『はらぺこあおむし』にはどれだけ息子がお世話になったことかのエリック・カールさん。で、銀座松屋での個展ちょっと前に見たし行かなくてもいいかな、、、と思ってたのですが、それって2008年だったと知り愕然。まだまだ変わらずお元気なカールさん。もうお人柄の温厚なことは原画の隅々から感じられます。安心して子どもに手渡せる、この世界に生まれてきてよかったよねと伝えられるカラフルな絵本たち。世界がフラット化していることについては良し悪しあるだろうけれど、カールさんの絵本で育った子供たちが世界中にいる、ということは案外心強いことなのかもしれないなぁと思いました。カールさんのこおろぎ、大好き。同時開催の「淀井彩子と淀井敏夫」展も楽しめました。2階の図書室で、友人としばし本をぺらぺらめくったのも楽しかったです。





a0164948_02351415.jpg

ヴァージニア・リー・バートンのちいさいおうち展(ギャラリーエークワッド)←8月9日まで
東陽町の竹中公務店1階のギャラリー(この間の火事にはびっくりでしたね!)。大好きなバートンさん!!! 私の中で、完璧なお母さん像双璧はターシャ・チューダーとヴァージニア・リー・バートン(自分は雑過ぎる母なので、見習おうという気はさらさらおきませんが)。『ちいさいおうち』や『ちいさいケーブルカーのメーベル』等の絵本はもちろん好きですが、さらにフォリーコーブ・デザイナーズがもうめちゃ好きで。作るものは影響相当受けていると思います。彼女がご近所のご婦人方にデザインを教えて、そのデザインをもとにみんなで布を作り、いろいろな製品にして受注販売していったという、羨ましい限りのビジネススタイル!その布もいっぱい見れました。

a0164948_02363034.jpg
卒業証書がこれまたかわいいのです、実物見れて感激。版木も美しい。
a0164948_02371328.jpg
『ちいさいおうち』の表紙も、水色のところの筆跡の点々見たときわぁーっと思ってぞくぞくしました。どれもこれも不純物ゼロの本物。写真撮れるのでカメラ持参でぜひぜひ。
a0164948_01124239.jpg
で、息子さんが涙ぐみながらお母さんのことを話しているVTRは必見かと。実の息子に「人間としてperfect!」って言われるお母さんって!とにかくおすすめですので、ぜひぜひ。


◆大英自然史博物館展(国立科学博物館)
金曜夜に出かけたら結構混んでいてゆっくりは見られなかったのですが、雰囲気は味わえて楽しかったです。鳥の剥製はすべて肢を上にした裏返した状態で陳列してあるのですが(保存のためだと思いますが)、それがなんだか科学標本のドライな感じに感情的な物悲しい「死」がまとわりついていて印象的でした。いつか現地に行ってみたいです。


a0164948_02445767.jpg
a0164948_02452187.jpg
猫のミイラ。英国紳士は博物学ブームだったんでしたっけ?知的好奇心っていうのは人生の暇つぶしにはもってこいですよね。


◆渡辺良重展 絵をつくること(銀座G8)
平成の「かわいい」の王道。シュっとしていて、どこか切なくて、繊細で静かなかわいい。色の組み合わせも本当にかわいい。
◆西巻茅子 絵本デビュー50周年記念展(銀座教文館)
こちらは昭和のかわいい。ほがらかで、のびのびしていて、にぎやかで大胆。骨太のかわいいは安定感。本格的な絵も描ける画力はもちろんお持ちながら、子どもの心でのびのびとした線を一身に描いてらっしゃったのがよくわかる原画でした。『ワンピース』はリトグラフだったのだと初めて知りました!


a0164948_01154042.jpg


◆オクダトシ恵 ニードルアート展(ギャラリー・アートグラフ)
a0164948_01120290.jpg
手芸はどなたにも習ったことがないのですが、もしも習うとしたら先生は勝手に決めていて(妄想)、故宮脇綾子さん(アップリケ)とオクダとし恵さん(刺繍)。手芸と絵との境界があいまいで、唯一無二の作品を作られようとしている姿勢から学ばせていただきたいからです。そのオクダさんの展示は、知的で、かつ色と形が踊っている作品たちがとても楽しそうに飾られていました。戦後手仕事ブームのにおいが感じられて、やっぱり手芸は楽しくなきゃね!と再認識。↑は勝手に自分の刺繍道の教科書と思っているオクダトシエ『刺しゅうステッチ百科』(主婦と生活社)です。


ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気(銀座ggg)←6月24日まで
ポーランドのグラフィックデザイナー。シンメトリーこわっ。でもめっちゃかっこいいポスターいっぱいでした。コラージュもすごいよかった。

19世紀パリの時間旅行(練馬区立美術館)
a0164948_01145758.jpg
ロシア革命の作品作ったので、ときたらフランス革命も作りたいなと思ってたらまさに!の展示。博覧強記でその蒐集熱はケタはずれの鹿島茂さん。点数も多く、解説も熱かった!レミゼファンもいっぱいでした。当時のパリの石畳を歩くコツコツとした音が聞こえてきそう。服装わかるだけでもありがたい。これだけ膨大な資料集めて下さる方がいて、いろいろなインスピレーション受けている人はきっとたくさんいると思います。


佐藤直樹展「秘境の東京、そこで生えている」(アーツ千代田3331)
美術館巡りでいちばんの楽しみは、作品と直に対峙して驚くこと、だと思っているのですが、それには今まで見たこともないものをこの瞬間見ている!という実感が必要かと。そういう意味ではもう今年いちばんの展示でした。


a0164948_03045494.jpg

校舎を改装した建物は天井が低く、そこに一面の黒いジャングルが出現していて、入った瞬間鳥肌が立ちました。
黒だけの世界のはずなのに極彩色の波に飲み込まれたよう、むせかえる植物たち。まるでホバリングしている蜂になった気分で何周もぐるぐる。

a0164948_01132350.jpg
木炭で描いてらっしゃるのですが、その乾いた細かな粒子みたいなものがこの壮大で濃密な空間を作り上げている秘密なのかもしれないなぁと思いました。また見たいです!


横尾忠則HANGA JUNGLE(町田市立国際版画美術館)
a0164948_14472846.jpg
圧倒的なパワー。こちらはリアル極彩色なジャングル。汲めども汲めども枯れないパッションは、饒舌で淫靡でかっこいい、しかし裏にしたたかな戦略が潜んでいそうでいやいや騙されてはいけないゾとも思っていたところ、横尾忠則さんがアンディ・ウォーホルのヘビのおはなしの書評(朝日新聞18日付け)に書いてらした文章がそのまんまご自分の作品への批評になっていてびっくりしました。いわく、真面目に描くとイラスト、不真面目に描くとアート、high & lowの境界がない、通俗だって区別がない。芸術というのはまるでテロ、っていうのは横尾忠則さんの作品そのまんまにあてはまるかと。これだけの画業の長さ、情熱がまったく揺らがず、こじらせた思春期熱がますます燃え盛っているような作品群は本当にすごい。展示見れてよかったです!


ロシアの装丁と装画の世界(えほんやるすばんするかいしゃ)
古ぼけた紙とインク、その手触りに郷愁を感じさせるロシアの本がいっぱい。デザインが本当に素敵で、見返しもお洒落でいくら見てても飽きない。2階は日本や世界各国の絵本がいっぱい。鈴木義治さんの懐かしい絵本を見つけて買いました。

その他ギャラリー巡りはちょこまかと。映画は「メッセージ」がとっても面白かったです!言語と時間軸、なるほど~。見る前と後では自分が変化してる気がする。3次元生物の文字は2次元で、4次元生物の文字は3次元? SFもの映画館で観るのは楽しいですね。

あと近所の水族館の年パス買ったので、八百屋さんに行ったついでとかにふらっと寄ったりしています。

a0164948_01113325.jpg
たまたまお食事タイムで、チンアナゴとニシキアナゴがお祭り状態でした。
a0164948_01103018.jpg
慌ててすっかり身体が外に出ちゃうこともあるそうです。エサも好きなのと、そうでもなくってスルーする種類とあるんですよと飼育員さんがおっしゃってました。


で、肝心のクロスステッチですが、結局また個展をさせて頂くことになりました。来春です。今度はB面でのお話なので、ほぼ全部新作を展示したいのですが、となるともう時間ないじゃん!1年ないよ、9か月ぐらいだよ!ボーっとしてるのもたいがいにしないと。大好きなクロスステッチと読書が結びつくような展示にしようかな、と思っているのですが、できるのかな。うーん。悩んでないでとりあえず手を動かせ!ですね。

(やっぱり感想はたいしたこと書くんじゃなくてもまとめて書くと大変なので、ちょこまか書くようにしたいです。って小学生並みの反省です)





# by geratkb | 2017-06-22 14:55

No.60 『百合のにおい』につきまして

今日は雨ですね。大学時代の友人と久しぶりに会う約束していたのですが、延期になりちょっと残念。
まぁでも待つというのも楽しいものなので、それもまたよし、ですね。で、今日は↓みたいな気分で、あおむし一匹とのんびり家にいます。

a0164948_15081655.jpg

































で、この「百合のにおい」を先日、完成しましたと画像を見せて下さったお客様がいらして本当に嬉しく、またネットでもステッチ下さってる方を発見してとっても嬉しい!そして、ご指摘いただいて気が付いたのですが、文机の長さがチャートは個展用DMに使用したときの長さで短くなっております。どんなサイズの額になさるのか、あるいはお仕立てになさるのかで余白とのバランスが変わるかと思いますので、場合によって文机の長さをアレンジなさってみて下さいね。




# by geratkb | 2017-06-21 15:18 | cross stitch

【お知らせ】

ブログの更新サボっていてスミマセン。
発送作業は確実にしておりますので、ご注文お待ちしております!
火の鳥や高慢と偏見等品切れになっていたチャート、在庫補充いたしました。

Gera!(BASE)

よろしくお願いいたします。
またいろいろは後ほど書きますね。

# by geratkb | 2017-06-17 14:35

キミの行く道

ご注文ありがとうございます。
バタバタしていたのも落ち着き、通常営業モードになりました。

Gera! BASE

どうぞよろしくお願い致します。

******************


a0164948_13135165.jpg



個展を取材して頂きました。業界新聞「洋装産業新聞」。今は手作り関連の記事がメインの業界紙だそうです。新聞の切り抜き・要約の宿題がある息子に「この記事にしたら?」と提案したのですが、断固拒否!ときっぱり言われました。まだ返しにひねりがないね。



********************************


a0164948_12090531.jpg





舞台「祖国は我らのために」を拝見しました。群像のエネルギー量、休みなしのテンポ、圧巻のラストすごかった!生歌も効果的。お芝居なのか舞踏なのか?出演者の皆さんは「躍動」と名付けてらしたそうですが、今まで見たことのない舞台でした(ってあんまり見てないのですが)。白黒の舞台に、ラスト赤い籏がひらめいたときぞわぞわっとしました。ザ・ロシア革命っていう内容で簡単な話じゃないと思うのだけれど、若者もいっぱい年齢層幅広いお客さんでぎっしり。打ち上げにも参加させて頂いて、私も人生初の大入り袋を頂戴しました。普段出会わない若者たちといろいろ話せて楽しかったです。やりたいことまっすぐにやってるキラキラがどうにもまぶしく、オバチャンも瞳は濁って見えてもその奥にキラっくらいは潜ませておきたいなと思ったことでした。

それにしてもお芝居のフライヤーを作るにはどういうスタンスでやればいいのか勉強になった貴重な機会。仕事は実践あるのみですね。わかったことがまた活かせる機会がありますように。そしてこれからはお芝居も見に行こっ!↑大入り袋の下のは、デザイナーの方がくださったロシア語のロシア国歌。カッコいい!!!

a0164948_12194915.jpg



# by geratkb | 2017-05-30 12:38

なんとか

結局今日も一日あれこれ手間取っちゃって反省。事務処理能力が著しく低下していっているのを感じます、お待たせしてしまい本当にスミマセン。なんとかご入金に発送も追いつきました。

BASEでもご案内しております通り、ご入金を確認してから5日以内にはどんなことがあっても発送しています。で、基本的には1~3日以内に発送しておりますが、その辺は他の諸事情との兼ね合いで時間差がありますこと、ご理解いただけると助かります。オープン直後は土日も発送作業していますが、通常はお休みしています。

また売り切れになってしまっているチャートがあることについても重ね重ねお詫びいたします。
ただどうしても種類が増えてきてしまったので、全種類常時在庫がある状態にするのはかなりきびしく(相当な数用意しておかなくてはならないので)、何卒ご理解ください。販売休止中以外のものは適宜追加補充してまいりますし、以前の運営とは異なり基本的に夏休み・年末年始・個展等の緊急時(!)以外は常時オープンしておりますので、お待たせしてしまうのは本当に恐縮なのですが、どうかご容赦くださいませ。

時代の流れとしては、Creative Poppyさんのようにファイルダウンロードに移行するしかないのだろうと思いつつも、お手紙のようにチャートをお送りするこのアナログな販売も、力尽きるまではがんばります。

と、書いてみてなんとわがままなこと言ってるのだと、我ながら情けないばかりです。

**************************************


a0164948_00312672.jpg
フライヤーの作品を制作させていただいた「祖国は我らのために」も公演が後半に入ったそうです。私もまだ見ていなくて拝見するのを楽しみにしているのですが、熱量ハンパナイ舞台が繰り広げられているようです。今なぜロシア革命なのか?とか考えるのも一興かと。公演は28日まで、すみだパークスタジオ倉にて。ご興味ありましたら、ぜひぜひ! 売り切れの回もあるようです。


***************************

a0164948_00362111.jpg
次に向けて今年(も前半ほぼ終わりですが、、、)は本読みたいなと思っていて、ちょこまか読んでいます。小林秀雄『ゴッホの手紙』読み終わりました。大人になってよかった、小林秀雄読めるようになってるじゃん!(って、もちろん読み手のレベルによって理解できる内容は異なるので、あくまで私の読解力の範囲内で) 最初はゴッホを論評しようとしているのですが、生涯を追っていくにつれゴッホと同化していくかのように手紙の引用だけになっていく、その小林秀雄の熱量の上がり方がとてもエキサイティング。妹さんが小林秀雄について書いた高見沢潤子『兄 小林秀雄との対話-人生について- 』(講談社文芸文庫)も読みました。中原中也の愛人とすったもんだあったとは全く知りませんでした。クールな理の人と勝手にイメージしてたけど、ゴッホの情熱に共鳴する部分の多い気質の方だったのかも。

そしてゴッホが描こうとしていたのはモチーフが何であろうと結局のところはユマニテ(人間性)で、どうにもこうにも哀しいまでに人恋しい人だったんだなぁと思いました。しかしゴッホも相当小説読んでる!ゾラが好きだったみたいだけれど、ツルゲーネフもトルストイも読んでるし、ピエール・ロティの『お菊さん』の話は、北村薫さんの『太宰治の辞書』にも出てきたので読みたいな。

で、ゴッホの手紙読むにも、廉価版の『ゴッホ全油彩画』(TASCHEN)は本当に助かります!1900円!色とかもちろん再現されていないのだろうし、サイズもちっちゃいけど、同じモチーフで描いてる作品を並べてあるのでゴッホがどう変化させていったのかよくわかるし、構図勉強するにはこれで十分。手元に置いておくにはオススメです。(と書いてからAmazon見てみたら売り切れで、中古は高値になってる!! スミマセン、、、)


# by geratkb | 2017-05-24 02:33

【お知らせ】

WEB SHOPオープン致しました。チャートのご注文承ります。
夏休みに入る前までオープン予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

Gera!SHOP

a0164948_16150085.jpg










***********************************************
(追記)ご注文ありがとうございます!!! 必死に宛名書きしておりますが、完全にアップアップ状態(死語?!)です。順次発送しておりますので、到着まで今しばらくお待ちください。一時的に在庫切れになっている種類もございますが、販売休止にしているもの以外は適宜在庫追加してまいりますので、こちらも今しばらくお待ちください。申し訳ありません。
印刷したものを実家に持って行き母に梱包してもらう、出来上がったものを取りに行く、とママチャリすっ飛ばして自宅と実家を行き来してて、まさに自転車操業です。

買って下さる上にご親切なメッセージまで頂戴してどうしよう、、、本当にありがとうございます!「家に帰るまでが遠足」じゃないけれど、WEB SHOPでの販売が落ち着くまでが個展、と思っているので、個展やってる最中と同じ気持ちで発送作業したいと思っています。




a0164948_12085688.jpg
詩人の平岡淳子さんから頂いた絵のプレゼント!すてきなお花の絵を描いてくださって感激!実は先日銀婚式だったのです(親友にダサっと言われた、笑。同感) えーっと自分が何歳なのか軽くめまいを覚えますが(10代で結婚したもので、、、ウソです!)、二人で共に過ごしてきた月日にぴったりなお花の絵だなぁと。派手さはないけれどなんだか楽しそう!人生のスタイルは人それぞれ、長きゃいいってもんでもないと思ってるし、お互い面倒ぐさがりで川の水は低い方に流れるばかり、そろって中身ががきんちょなままなのはいい加減どうにかした方がいいと思っているのですが、まぁとりあえず健康で、まぁだいたいは笑って暮らしてきたのでよかった、よかった。めでたし、めでたしだなぁと思います。

いやしかし、オットに絵を描いてプレゼントするっていう発想がなかったです、、、あはは。



# by geratkb | 2017-05-18 16:17

カテゴリ

全体
cross stitch
よくあるご質問
カードケースの作り方
ミニこけし・コツ
チャートリスト
painting
welcome
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ブログパーツ

外部リンク

画像一覧